Untitled 確か広くすぎた支配海域の防衛のための艦

Untitled 確か広くすぎた支配海域の防衛のための艦。質問文にほぼ答えが載っていると思いますが。旧日本軍ってなぜ艦隊決戦こだわったのでょう

映画アルキメデスの大戦見て、歴史フィクションなら発想驚き

ころで史実考えた時、日本海軍ってなぜ艦隊決 戦や大艦巨砲主義こだわったのでょう

確か広くすぎた支配海域の防衛のための艦艇数っていうのわかるの、
真珠湾攻撃で自ら示た航空対艦戦の有用性あるだけ皮肉だな思 Untitled。すなわち。フィッシャー改革が。ドイツ海軍との決戦を念頭に置いたものでは
なく。実 は帝国防衛の効率化を図るための戦略の一環として位置づけられる
という新たな解釈を提示 したのである。このように。当時のイギリスは内政?
帝国防衛上周辺海域の防衛のための作戦。島国であるわが国に対する武力攻撃が行われる場合には。航空攻撃に併せ。艦船
などによる攻撃が考えられる。 周辺海域の防衛のための作戦は。海自が主体
となり。陸?空自とともに。対水上戦。対潜戦

過去の防衛時評。災害派遣の終了後は。頑張った隊員を休ませたいという思いと。中隊機能を回復
させるため。災害派遣期間中に出来なかった各種訓練を早い段階で行わ中国は
経済発展を背景に営々と軍事力強化に取り組んでおり。それに伴って我が国周辺
における中国艦艇?航空機の活動も活発化しています。もし。尖閣を日本が
実効支配できなくなったとしたら。地域は一気に不安定化するおそれがある。
平成年から逐次減額されてきた防衛予算は平成年から増額に転じて年が
過ぎた。第197回国会。この際。去る二十一日。陸上自衛隊饗庭野演習場の実情調査のため。滋賀県
において視察を行いましたので。参加委員を代表への攻撃が可能となっており
ますけれども。こういった同時に飛んでくる場合に。米艦艇と自衛隊が日本海で
共同で警戒保障。防衛のための行動で。これは米国に依存するというだけでは
なくて。当然。我が国としてもこういったミサイルそういう意味で改善して
いる部分は外交面では確かに見られますけれども。安全保障環境というところを
考えると。

質問文にほぼ答えが載っていると思いますが。「真珠湾攻撃で自ら示した航空対艦戦の有用性があるだけに皮肉」そう、真珠湾攻撃「で」示された以上、当時すでにほぼ完成していた大和武蔵を今さら他のものに変える事なんて不可能なのです。そもそも、真珠湾攻撃およびマレー沖海戦までは、日本のみならずどこの海軍も戦艦至上主義なので事が起こる前から日本に気付けと言うのはあまりに酷な話です。むしろ、英米ともに戦後まで戦艦の建造をしているので1942年には戦艦の建造を打ち切った日本なんて主要海軍国としては拘るどころかもっとも早く大艦巨砲主義から脱却していますよ。主砲発射!と号令できるからでしょう。空母では艦載機を送り出してしまえばお偉いさんはやる事がなくなる。戦果は戦闘機乗りに掛かっていて指揮もできない。守るも攻むるも黒鐵の? 浮かべる城ぞ頼みなる? となって天守から指揮を取れるのが戦艦。日露戦争の日本海海戦がその成功例だからです。日本海海戦で侵攻してきたバルチック艦隊を連合艦隊が撃滅したのが戦争の帰趨を決めた成功体験が影響しています。第一次世界大戦でジュットランド沖海戦が起きましたがこの海戦は戦争の結果に何ら影響を与えておらず、進歩派の提督山本?小沢などは日本海軍の夢想したマリアナ沖での対米艦隊決戦を否定しています。東郷嫌いの山本五十六が東郷越えに執着したため。東郷に出来たことは俺にだって出来るってとこを見せたかったんだろうね。見栄に付き合わされて無駄死にさせられた将兵はうかばれんね。艦隊決戦偏重になったのは、日露戦争での勝利からと思われます。国力に乏しい我が帝國海軍は、戦艦やら巡洋艦を大量生産する事が出来ません。だから一戦に全てを賭けて敵主力を粉砕する必要がありました。日露戦争でこの持論が肯定される形になったので、艦隊決戦ありきの運用方針となっていったのです。大艦巨砲主義に関しては日本だけでなく世界中がその考えに染まっていました。作戦行動中の戦艦を航空機では撃沈できない、という考えが常識として通っていたのです撃沈できても停泊中。なので大艦巨砲主義は当時の主流な考えでありました。その中で航空機の有用性を見出した山本長官は本当エスパーかと。それは第二次大戦前の米英日のいずれも同じです。なぜかと言えば「戦争は長引かせれば莫大な戦費がかかって損をする」という認識が世界共通のものだったからです。このため日本を含め他主要海軍国は「一発の決戦で勝敗を決する」事を重要視しました。アメリカの物量作戦のイメージが強すぎるので誤解されがちですが、それはアメリカにとっても「次善の策」であって、最初の決戦で勝って日本を屈服させた方が楽だったに決まっているのです。そりゃ日露戦争でバルチック艦隊に完勝したからでしょうね。あの海戦で日本海軍は世界で初めての戦術を数多く創作しました。あまりにも完全勝利だったので、その呪縛から逃れられなかったのでしょうね。アルフレッド?セイヤー?マハンで調べてください1800年代のアメリカの軍人で「海上権力史論」という本を書いた人です日本はこの本に超影響され艦隊決戦という考えに一本化されてしまったのですしかしマハンの時代には大量生産や航空機というものが無く第二次大戦のころには世界では古典扱いでした日本海海戦の「成功体験」から航空機による攻撃を軽んじ、海軍力が艦隊戦を想定して整えられ、その装備のまま太平洋戦争に突入したのは事実だと思います。気付けば、航空機はその性能において、米軍に大きく後れをとっていた。航空戦力の重要性に気付いた時には既に「手遅れ」だった。ミッドウェイ戦後は結果的に日本が所有する「駒」には艦隊決戦に適した艦船が多くあったという現実に即して、それによって活路を見出す以外に道は無かったというのが実情だと思いますね。内心、船は航空機には敵わないと思いつつ、砲戦でしかその優位性を発揮できない状況に「こうあってほしい」という願望のままに戦略、戦術を組み立てるほかなかった。太平洋戦争開戦時の軍部は、日露戦争の日本海海戦で大勝利したまま思考が停止していました。思考停止に気が付いたのは、無条件降伏した後だったのでしょう。さもなくば、レイテ沖海戦で「武蔵」が沈められたにもかかわらず「大和」を沖縄決戦で特攻として出撃させるという意味が理解出来ません。まともだったのは山本五十六など少人数だったのしょうね。簡単です。軍艦を撃沈する為に航空機では打撃力が足りないからです。 大鑑巨砲主義はあながち間違いではないのです。他の方も答えてはいますが???艦隊決戦での場合 全部の全ては 砲術大砲屋での砲撃戦のみ ばかり???では ない!のでね。駆逐艦 重巡洋艦 軽巡洋艦からも~砲雷撃戦闘 用意!となるのでね。しかも!いきなり???艦隊決戦!ではなく 布哇方面から太平洋上を西へと航行して来る?米太平洋艦隊に対し最初は、潜水艦 航空機による攻撃をして 敵戦力を減らし幻滅させ?その後 日本近海小笠原諸島近海で日本海海戦時での際のように、艦隊決戦で 勝利に持ち込む!日本海海戦以後、長年での我が!日本海軍での主作戦内容であり基本方針 海軍の伝統!米海軍も、航空派での将官数は、少なかった!のでね。50代前半でも、自己の努力で 操縦士資格を取得したのがハルゼーでの事実でも、布哇攻撃をされた際での 米太平洋艦隊司令官のキンメル大将は、操縦士資格はなし 後任での 海軍少将からいきなり 海軍大将へと 中将をせずやらずに 先輩等11抜き!大出世 元?海軍長官であり 米大統領でのルーズベルト?お気に入りでの人材!チェスター?ニミッツ!ニミッツも、操縦士資格はなし 米海軍太平洋艦隊第58機動部隊司令官にと戦時中に昇任、昇格での R?スプルーアンス大将も操縦士資格はなし米海軍は、布哇攻撃をされるまでは、仮想敵国での日本海軍を早期に見習い?お手本?等として、真似をして 機動部隊 をしてはいなかったのでね。開戦の1~2年前に ルーズベルト大統領プレジデント元?海軍長官での経歴な事は、米海軍内でも周知済嘘も方便?オブラートなし!正直に答えて教えてくれたまえ!万が一?日本と戦争になったか 米太平洋艦隊は勝てるのかね?即答で、ノーサー!いいえ!相違であります!米大統領閣下!日本には、ナガト長門型戦艦が居ます!世界初の40㎝主砲での戦艦で、他国に比べて 高?命中度での日本海軍での砲術戦 長門を沈める前に 先に こっちが沈められてしまう!と???米海軍での将官には、言動をさせた逸話?長門は、大脅威!でも???その分は、裏を返せば~抑止力!外交?面でも 効果絶大!等だったのでね。いったい、どの海戦が大艦巨砲主義による艦隊決戦にこだわったものだったのでしょうか?私の知る主要な海戦は大艦巨砲主義による艦隊決戦にこだわっていません。レイテ沖海戦ですら、航空戦で勝てないからやむなく大艦巨砲主義による艦隊決戦にもちこもうとしただけであり、こだわってはいませんよ。真珠湾攻撃???大艦巨砲主義による艦隊決戦にこだわってない珊瑚海海戦???大艦巨砲主義による艦隊決戦にこだわってないミッドウェー海戦???大艦巨砲主義による艦隊決戦にこだわってないマリアナ沖海戦???大艦巨砲主義による艦隊決戦にこだわってないレイテ沖海戦???大艦巨砲主義による艦隊決戦する計画だったがしなかった。日本はアメリカの1/10以下の工業力なのに、戦闘機はアメリカの1/3近くも生産しました。史実としては、日本は戦闘機偏重でありました。なお、通商破壊どうたらなんて俗論に対しては、やったよ。でも数が絶対的に足りなかった。154隻の潜水艦では。どのくらいの数が必要かと言うと、ドイツは1100隻ほども潜水艦を造った。それに対抗するために、アメリカは100隻以上の護衛空母と数百隻の駆逐艦を造った。日本の工業力では不可能な数字。>この時期まで戦艦建造への予算と資材調達が大艦巨砲主義が現実に即してないと考えられてる割に偏ってると思うのです。42年の武蔵が最後の戦艦ですが。アメリカは44年まで造っているのに。大艦巨砲主義と艦隊決戦主義を混同している人がいますが大艦巨砲主義と艦隊決戦主義とは別物です大艦巨砲主義は大型の戦艦で敵の戦艦を圧倒して勝つというやり方で太平洋戦争劈頭に、日本海軍が空母の集中運用という画期的な戦法を生み出してからどこの国も戦艦を主力として作戦は行っていません日本は太平洋戦争中大艦巨砲主義では戦っていません太平洋戦争が始まるまでは世界中の国が大艦巨砲主義太平洋戦争が始まった瞬間に大艦巨砲主義は消滅し、日本も大艦巨砲にこだわるどころか空母が作戦の主力になっています艦隊決戦主義は、主力艦隊を持って敵の主力をたたくという本質は変わりません太平洋戦争開戦後は戦艦ではなく空母を集中した主力艦隊艦隊で敵の艦隊をたたくという戦法に変わっただけで、マハンの海軍戦略を適用したものですランチェスターの法則から、艦隊を集中し最大戦力で敵の艦隊主力艦隊で無くても良いですをたたくのは現代でも通用する戦法です現代は、米海軍以外に大海軍を保有する国がないから、艦隊決戦のようなものは想定されていないだけです。海上での戦いはランチェスターの法則がもろに適用されますから、小出しに戦力を出しても各個撃破されるだけ戦力を集中して戦う艦隊決戦が常道ですそれは、広大な太平洋の北から南まで艦隊をばらまいて、工業生産力が物を言う飛行機を主力に、アメリカとガップリ四つに組んで戦争に勝てる!とは当時の日本海軍が思っていなかったからです。日本海軍が想定していた日米戦争というのは、日本海海戦の夢よもう一度で日露戦争もロシアと全面戦争をしていたわけではない。一応は東清鉄道の沿線に戦場は限定されていたマリアナあたりまで出てきたアメリカ艦隊を日本の連合艦隊が撃滅してそこでおしまい。さっさと早期講和に持ち込むという目算でした。軍縮条約で対米7割に拘ったのも、アメリカ艦隊は太平洋大西洋に振り分ける必要があり?これなら勝てる?と言う数字だからです。戦艦同士の殴り合いであれば、そして勝ち逃げをするなら?何とかなる?ということです。大艦巨砲主義が時代遅れのように語られますがいや実際にそうでしたが、持久力のない日本には、これしかなかったのです。戦争後半のマリアナやレイテ沖などは、これは飛行機がなく戦艦を前面に押し出すしかなかったのです。運用可能な航空機がなくなってしまったから、ただそれだけです。昭和19年のレイテ沖海戦では、わずかな航空機を搭載した空母艦隊を囮に使って敵航空部隊を引きつけ、武蔵、大和を主力とする水上部隊でレイテ湾に艦隊特攻するという作戦を実施、空母部隊と一艦隊の全滅、戦艦武蔵の喪失という結果を得ます。作戦後、艦隊側からは、作戦立案した司令部に対して、「味方航空兵力の支援のない場合、航空兵力優勢な敵を相手として戦闘するのは無謀も甚だしい」旨の進言がされますが、それに対して、連合艦隊司令部側は、「失敗したのは当事者の勇気が欠けていたためである。勇気さえあれば優勢な敵航空兵力であっても大艦をもって攻防戦に参加させることは不可能ではない」と全くかみ合わない反論に終始し、昭和20年の大和の沖縄特攻へと到るのです。要するに、軍上層部の現実無視と現場軽視、自分たちの判断に対する責任の回避から、艦隊決戦の有用性が言われただけの事で、誰も、水上艦船が航空機に優るなどと本気で考えてはいなかったでしょう。艦隊決戦と大艦巨砲主義に拘ったのは当時の我が国を含め戦艦を保持している国々にとってそれらは 当たり前 であり主流だったからです。太平洋戦争第2次大戦は、戦艦から航空機によって事を決めるかの転換点でした。ちょうど転換点だった時期に大艦巨砲主義と航空主兵論のどちらが正しいかは、どの国もまだ結論を出せなかったのです。航空機の有用性は真珠湾攻撃よりマレー沖海戦で確実になったはずです。海戦では英東洋艦隊の主力戦艦2隻が日本軍航空機によって撃沈されました。撃沈の報を聞いたチかャーチルはとても気落ちしたそうです。それに太平洋戦争開戦前後でアメリカも戦艦を続々と建艦していました。日本海軍が戦艦に拘っていたのは否定しませんが、同時に航空機が有用であることを証明しようとしていた節はとても感じられます。日露戦争のときには、制海権が重要だった。制海権が実現すれば、武器の移動などの兵站作業が重要だった。日露戦争において、バルチック艦隊に圧勝し、その後もその流れの中で艦隊、巨砲主義を続けることになった。世の中が制海権 ? 制空権騎馬隊 ? 戦車隊今まで以上に情報戦が重要になっていく変化しているにもかかわらず、正しい方向へ変更させる情報も圧倒的に少ない状況だった。太平洋戦争が始まってから、変わり始めた面もあるけど、最後の最後まで情報戦に関してはうとかったね。

About: xjkxjtk


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です