Fate/stay 『誰傷つかない』そんな世界無いいうこ

Fate/stay 『誰傷つかない』そんな世界無いいうこ。TYPEMOONwiki。フェイトのUBWアニメで見 初見なのでよく分ないの ①アーチャー士郎の英霊化たののこ、士郎歴史上で残たのか の英雄なのか ②【善人守り、悪人倒す 正義の味方そういうの か正義の味方なるいうこ悪倒さなければならない 悪人間である ため、結局のころ善人助ければ悪人傷つく、悪人見逃せば善人傷つく ため、衛宮士郎望む『正義の味方』なるいうこ『誰傷つかない平和な世界』いう士郎の願い矛盾する まま『正義の味方』目指せば、お前ただの『悪人消続ける』いう掃除屋なる だそんな俺産ませないためお前殺す】 アーチャー士郎ようなこ伝えたかったのでょうか ③アーチャー1度キャスター側つき、凛、士郎 どちら守るため芝居たのか ④ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 衛宮士郎、『正義の味方』なるため自分犠牲てエミヤ英霊化 ?? 『正義の味方』なったエミヤ 善人守る守護神て悪人裁く ?? 悪人殺まくってるうち『誰傷つかない世界て無い』なり、切嗣の言った意味理解する ?? 凛のサーヴァントて聖杯戦争参加 『誰傷つかない』そんな世界無いいうこ理解たエミヤ、自分の存在の因果である衛宮士郎殺すため士郎狙う ?? 凛士郎託す ?? 凛の愛情エミヤの関わりよって、後々士郎自分の意思曲げない悔いのない英霊なる ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー こう解釈たの合って ⑤UBWって超わかりやすくザックリ簡単言う、 『凛士郎ベースたアーチャーの過去改変』的な物語で合って Fate初見で理解力乏い どうか詳く (>_<)アーチャーの正体は英霊エミヤ。第五次聖杯戦争では。世界に一つしかないはずの遠坂凛のペンダントを。一つの
世界線の中でアーチャーと衛宮士郎の両名が遠坂凛は。アーチャーと衛宮士郎
の両名が自身のペンダントを持っていることを知り。二人の正体と因果に気付い
て行く士郎は他のマスターやサーヴァントと闘うために。自身のサーヴァント
?セイバーから剣術を教わることになります。は英霊化を防ぐため。自身を
否定するために。アーチャーの過去である衛宮士郎という存在を消そうとするの
です。

3ページ目の[。慎二は自分も魔力もなくマスターにされていること。誰とも戦いたくないと思っ
て間桐家が魔術師の家系であることも知らなかった士郎は桜がそのことを知っ
ているその教えをしっかり守ってきた凛にとっては。切嗣の言うことはそれら
を全て否定士郎の名字が衛宮だと知ってセイバーは驚いた表情を見せます。SS投稿掲示板。サーヴァント達の姿に疑念も無く――そもそもサーヴァントが過去の英雄である
という認識も薄い衛宮士郎が。それを疑う捨てられる財も無い衛宮士郎が。
自分を守ってくれる存在を助けるために命の一つ賭けずしてなにを賭けよと言う
のか。だれかが幸福であろうと望む事は。別の誰かの不幸を呼ぶ―――そんな
天秤が全てでは無いにしても。確かに世界にはろうが―――過去シロウが
未来エミヤに向けて―――こちらよりも後から放った矢を打ち落とす事は。
因果を

無限の剣製。シリーズに登場するキャラクター。アーチャーアーチャー/
および衛宮士郎の固有結界の名称。 彼らに唯一許された錬鉄の魔術。剣の丘。
アーチャーにとっては宝具とも呼べる世界。 この固有結界が発動している際に「Fateフェイト」アーチャーの名言?台詞まとめました。何をいう。私は君が呼び出したサーヴァントだ。それが最強でないはずが無い」
「止めはしない。いずれは超えねばならぬ敵だ」私には叶えられない願いなど
無かった。私は望みを叶えて自分のためではなく誰かのために戦うなど。ただ
の偽善だ。だがそれが借り物の意思であるのなら。お前の唱える理想は空想に
落ちるだろう」だが今の俺の目的は。衛宮士郎を殺すことだけだ。俺は
せめて。自分が知りうる限りの世界では。誰にも涙して欲しくなかっただけ
なのにな」

Fate/stay。衛宮士郎は己の理想の果て。その想いを信じ貫き通した答えである「正義の味方
」と相対する。士郎は続けてアーチャーに凜の居所を聞きますが。「慎二に
くれてやった」と言うアーチャー。あなたは衛宮士郎の理想を正しく叶えた姿
ではないですか?争いが始まると。多数の幸福の為に誰かを殺さなければ
ならない。そんな世界にアーチャーは絶望したのでしょう自分が存在しない
ためには。元々自分になるはずの存在だった士郎を殺すことで達成される…

TYPEMOONwiki の エミヤを参照してくれ。補足としては、アーチャーの優先事項は凜の勝利、自分の目的、その他。裏切るふりはあくまでも凜の勝利が目的で、自分の目的は行けそうだったからやっただけ。士郎の理想は正義の味方という在り方そのもの。切嗣の世界平和のための正義の味方ではなく、それじたいを理想としている。だから悪人を殺すことに躊躇いはないし、世界平和が絵空事だって理解してる。せめて自分の周りでは笑っていてほしい。が彼の願い。①世界中を周って内戦とかに干渉して被害を抑えようと戦い続けたただ彼が英霊になったのは士郎のその時の力では決して救えない人々を救うために世界と契約して死後を代償に一時的に力を与えてもらったためどんな事件なのかは明記されてないけど士郎の力が50その事件で人々を救うには100必要その残りの50を世界から借りたその借金として死んだ後、世界に影響があるような事件起きた時呼び出してそれを解決する”守護者”って役割を与えられた②いいえ自分の理想は間違っていたので過去の自分殺して自分を無かった事にしようって思ってるだけです③凛士郎は殺害対象でしかないので④守護者が世界の危機に呼ばれる存在なので死んでからも正義の味方できると思った↓守護者が救うのは”世界”であって人々ではないそして守護者が喚ばれるのは事件がもう人間の手ではどうにもならず”世界”そのものが干渉して動く時だけつまりエミヤが喚ばれた時にはすでに被害は甚大であり残ってるのはその事件を引き起こした元凶達くらいもちろん結果的にそこで元凶を倒せばこれ以上の被害はなくなるだけど元凶達の被害にあった人達を未然に救うのは無理ただ残ってる悪人殺すだけの作業って事に気づく↓ずっと続けて精神的に追い詰められる結局、正義の味方なんて存在しなかった自分は間違ってた???こんな自分はいないほうがいい↓聖杯戦争に呼ばれる???そこには過去の自分がいる↓あ、こいつ殺せば自分も消えられるかな?多分無理だけど???でもとりあえずやってみようというのがエミヤの流れただ大元が士郎である事には代わりないのでセイバーや凛などの深い知り合いはどうにか無事にあるように動く傾向にはあるキャスターに協力した時も自分との契約を破棄させてセイバーと凛を契約させる事で最強のコンビを作り上げて2人の安全を確保しようとしてた⑤アーチャーの自暴自棄による八つ当たり気味の行動って感じ。英霊になった時点で歴史とは切り離されるので並行世界の過去の自分を殺しても英霊は消滅したりしないのでそれを理解していてもなお自分みたいになっちゃう過去の自分を許せなかったので???八つ当たりよ①アーチャーが英霊になれたのは逸話を残したからではなく抑止力と呼ばれる、人々が無意識に願う祈りの集合体と契約を結んだため。②正義の味方という衛宮士郎のエゴの犠牲になる人間を減らすため。人々を殺すという作業をやらせないため。③アーチャーの目標は汚染されてる聖杯を使わせないため、聖杯に望みがない凛を勝たせるようにすること。キャスターを倒した後、セイバーと凛が契約したので自分殺しを実行した。④士郎は英霊になりませんおそらく現代では英霊になれるほどの逸話はできませんし、抑止力との契約は凛がいる限りないそうです。もっかい観た方が良いよ。説明台詞で解る筈の事柄が多いもの。

  • 2021/3/7 いろいろツッコミ所のある文ですが個人事
  • 一瞬にして 一瞬にしてと一瞬で何か違いがありますか
  • Snoozer のようなものがあったみたいな話が小さい頃
  • 全国で1517人の感染確認 新型コロナウイルスで愛知県が
  • iPhone iPhone12が発売された際Appleか
  • About: xjkxjtk


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です