分かりやすく 分かりやすく

分かりやすく 分かりやすく。相対性理論は、簡単に言うと、1光より速いものはない、物質はどんなに加速しても光の速さに到達できない。相対性理論か 分かりやすく言葉を減らせば文章は分かりやすくなる。で山口 謠司の言葉を減らせば文章は分かりやすくなる。アマゾンなら
ポイント還元本が多数。山口 謠司作品ほか。お急ぎ便対象商品は当日お届けも
可能。また言葉を減らせば文章は分かりやすくなるもアマゾン配送商品なら通常
配送「分かりやすくわかりやすく」の意味や使い方。理解や把握が容易にできるさま。難解でないさまなどを意味する表現。
国語辞典では「分かりやすく」の意味や使い方。用例。類似表現などを解説し
ています。「わかりやすく」の類義語や言い換え。わかりやすく 分かり易く; 分かりやすく シソーラスはプログラムで自動的
に生成されているため。一部不適切なキーワードが含まれていることもあります
。ご了承くださいませ。 詳しい解説を見る。お問い合わせ。 ランキング

分かりやすく。分かりやすく – -分かりやすくの英訳。分かりやすく [] [,
] [ – アルクがお届けするオンライン英和?和英辞書検索
サービス。分かりやすく。, , それは彼らの
すべての特殊分かりやすく。非常に寛大だった。分かりやすくのニュース。埼玉県の大野元裕知事は日。花見シーズンを前に桜の名所として知られる県営大宮公園さいたま市大宮区を視察し。新型コロナウイルスの感染対策状況を確認した。 園内を回った大野知事は。宴会の自粛を呼びかけ

相対性理論は、簡単に言うと、1光より速いものはない、物質はどんなに加速しても光の速さに到達できない。2光の速さに近づくほど、時間がゆっくり進む。3加速や重力が強いほど、時間がゆっくり進む。4重力が強いほど、空間が歪み、光が曲がって進む。???という理論です。 最低、上の4つだけは覚えていればOK!未来へ行けるタイムマシンや、ブラックホール、など深い関係があります。映画の猿の惑星など、SFものは相対性理論が元ネタになっているのが多いです。でも、正しい事が検証されていて、決して間違った理論ではないです。◆この動画を見てイメージをつかんでください。↓動画4分50秒でわかる 相対性理論中に何もない「時間自体」や「空間自体」が変化する仕組みを説明することは、未来永劫できません。なにしろ、そこには何も無いのですから。説明できないことを信じることは、「神の存在を証明できないけれど信じる」ことと同じ信仰です。科学は合理的に説明されなければなりません。ですから物理現象は、「ものの変化」で説明しなければなりません。つまり、「時間が遅れ空間が変化する」のではなくて、「高速移動すると時計が遅れ、定規がローレンツ収縮する」のです。光速度cに近づくにつれ、時計を構成する粒子が動きにくくなるので、その時計は遅れます光速度cに近づくにつれて粒子が加速し難くなることは、加速器の実験で実証済みです。そして、原子核を回る電子も動き難くなり回転速度が落ちるので、電子に掛かる遠心力が弱まります。そのために原子核の電磁気力に引かれ、電子はより小さい軌道を回るので、物質は「ローレンツ収縮」します。この「遅れた時計」と「収縮した定規」で光の速度を往復で測ると、観測者の移動速度vにかかわらず、常に光速度cと測定されます。これを「光速度不変の原理」と言います。アインシュタイン博士もその著書で、「高速で移動する時計は遅れ、測量棒は収縮する」と述べられています。また強い重力によっても、時計を構成する粒子は動き難くなるので、その時計は遅れます。そして重力により「電場」「磁場」「ヒッグス場」が歪むので、光は曲がりものは落下します。そのことを詳説します。重力により「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボーリング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。光は曲がった「電場」と「磁場」を進むので、光は曲がります。この様に、中に何もない「空間自体」が歪むのではなくて、実体のある「電場」「磁場」「ヒッグス場」が質量により歪むのです。光は「電場」と「磁場」の振動です。この「電場」と「磁場」が質量により曲がるので、その上を振動として伝わる光は曲がるのです。相対性理論の数式は完全であり真です。そして、私は相対性理論の篤い信者です。 しかし、その解釈には様々あります。①「時間と空間そのもの」が変化するのか、②時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化するのか、③時間と空間が変化して見えるだけなのか、等々あります。 私は、②と解釈する者です。以下私の考えを説明します。粒子は、光速に近づくに従って動き難くなります。ですから、高速で移動する時計は構成する粒子が動き難くなるので遅れます。私の肉体を構成する粒子も動き難くなるので、時計と一緒に高速で移動する私は、ゆっくりと動き?思考し?年を取ります。私がゆっくりとなるので、自分が持っている時計が遅れていることに気が付きません。逆に、静止している人は速く動き?思考し?年を取っていると見えます。また、静止している人が持っている時計は、速く進んで見えます。まるで、自分に流れる時間が遅くなった様です。しかし、決して私に流れる時間そのものが遅くなった訳ではありません。私や時計と言う物質が動き難くなっただけです。また、高速で原子が移動すると、電子は動き難くなり回転速度が落ち遠心力が弱まり、原子核の電磁気力に引かれより小さい軌道を回ります。この仕組みにより、高速移動する定規は「ローレンツ収縮」します。定規が縮むので距離は逆に長く測定されます。しかし、自分自身が移動しているのでその分距離は短く測定されます。距離はその差引となります。※進行方向へ√1-v^2/c^2倍「ローレンツ収縮する仕組み」は下記ホームページを参照ください。この遅れた時計と収縮した定規を使い、動きながら時間や距離を測定するので、高速移動する慣性系では「時間と空間の座標」が変化します。「時間と空間の座標」が変化すると、光の速度は常に一定に測定されます。また、強い重力が粒子に掛ると粒子は動き難くなります。ですから、高速移動した時と同じ現象が起こります。つまり、高重力場では、時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化します。アインシュタイン博士は、測量棒でジャングルジムを作る思考実験をしました。測量棒を1[m]とします。静止時には、測量棒は1[m]なので、これが空間の三次元の1[m]間隔の座標です。v[m/s]で移動すると、ジャングルジム=座標は進行方向横方向へ√1-v^2/c^2倍「ローレンツ収縮」します。つまり測量棒=定規が収縮するので、横方向は√1-v^2/c^2[m]が1[m]となります。この様に、高速で移動すると空間の座標が変化します。同様に、v[m/s]で移動すると粒子は動きにくくなり、時計は1秒間に√1-v^2/c^2秒を刻む様になります。即ち「時間の座標」も変化します。この様に、相対性理論は座標を研究する学問です。時間や空間そのものが変化する訳ではありません。何故なら、時間や空間には実体がないからです。実体のないものが変化する筈はありません。変化するのは物質です。v[m/s]で移動すると、観測者自身や観測者の持っている時計や定規が変化するので、観測結果が静止時とは異なるのです。つまり、座標が変化するのです。詳細は、下記のホームページを参照下さい。

  • 味付けいろいろ ベーコンポテト味には玉ねぎは入っています
  • 最新iPhone 今アイフォンを選ぶならどれをおすすめし
  • 流産?死産の体験談 元々お酒が好きで妊娠出産授乳の期間が
  • 2021年 TDSのインディージョーンズとアナハイムのイ
  • iPhone 分割で月いくらぐらいでしょうか
  • About: xjkxjtk


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です